俺のカメラ記録

根暗な俺のカメラなどに関する記録です。それ以上でもそれ以下でもありません。

拭う

f:id:ujf17125573:20190524224146j:plain

夕方になると羽虫が多くなって、ちょっと走ってるとプツプツとガラスにあたっては潰れて死んでしまう。はみ出した内臓?がガラスにくっつくし、ワイパーをかけるものなら横に伸びてしまうことに。窓を開けて寝ていたら蚊が入るし、少しずつ嫌いな季節に入ってきている。今年も暑いんだろうな。

先日から気になっている天晴ステッカーはダイハツで購入できるようだ。ただ少し怖気付いたのか正気に戻ったのか、発注まではかけていない。他に何か新しい候補ができたわけじゃないけれど。昨日乗せた女がいまだにキーレスもない私の車をかわいい、かわいいと絶賛してくれた。クラシックカー的な趣があるのだとか。少し、いや結構嬉しい。

出張先の宿泊場所は冷蔵庫と風呂、トイレが揃っていることが判明した。ありがたい事にフリーのWi-Fiもあるのだとか。これなら別にレンタルで回線を調達しなくても済む。結構な出費になるのでこれは嬉しい。早速出張届けを提出。58泊59日だった。

仕事終わりにグループ展の相談にたまり場のカレー屋さんへ。私は不道徳な願望を写真でごまかしているだけなのかもしれない。芸術は表現者においてはそのほとんどが不純な動機を正当化するための手段にすぎない、なのでそれほど気にすることはないぞという恐ろしいアドバイスあり。でもそれは予想外の結果がついてくればの話だ。私にはそんな度胸がなく、そのくせ相手の不幸につけ込む狡さがわずかにある。本当に嫌な奴だ。