俺のカメラ記録

根暗な俺のカメラなどに関する記録です。それ以上でもそれ以下でもありません。

67Ⅱ

f:id:ujf17125573:20180809002941j:plain

フィルムで心が折れたりとか、区切りがついたらその時にと思って準備していたK-1貯金がなぜかバケペンに化けました。代金を払いながら私の心は完全に浮ついていた。誰かに狙われているんじゃないかと狙撃ポイントを確認したぐらいだ。そそくさと店を出て改めて見つめていると、買ったんだという事実がこの大きさ、重さで少しずつ体に響いてくる。格安で譲ってくれた店主からは大事にしろよ、落とすなよとまるで子供に言うような扱いを受けたのだが、舞い上がっていた私はきっとそんな風にしか見えなかったんだろう。

購入したのはペンタックスの中判一眼レフカメラ、67Ⅱ。レンズは標準のSMCタクマー105/4とSMCペンタックス45/4、それぞれのフードとレンズキャップ、そして勝手にバケペンの象徴だと思ってる木製グリップ。おまけでつけてくれた純正ストラップもカッコいい。

今の引き伸ばし機は中判に対応しているが、ネガキャリアを持ち合わせていない。キャリアを探すか、もしかしたら引き伸ばし機ごと探す方が早いかもしれない。現像タンクもひとつ大きいものを調達しなくてはならないが今すぐじゃない。そもそも中判はフィルムだって自宅に全くストックがない。つまり私は自分の写真趣味において中判を入れる準備もそのつもりも全然なかったのに衝動的に買ってしまったということ。まだ落ち着いてないからか後悔もしていない。

とりあえずバケペンを首から下げて鏡の前に立ってみる。やばい、自分が男前に見える。いつものslickの三脚にセットして肩にかけてみるとアラーキーに似てる気がした。もうちょっとゴツい三脚が必要だ。シャッター音もショックも大きい。ファインダーはかなり明るい。何気に測光関係が充実していて今風のカメラだ。単体露出計とほぼ同じ値を出している。これはちゃんと使えるんだと感心したのが今というのがおかしい。なによりまずフィルムを買わないといけない。ちょっとまだ冷静ではないようだ。