俺のカメラ記録

根暗な俺のカメラなどに関する記録です。それ以上でもそれ以下でもありません。

休憩中

f:id:ujf17125573:20180627172611j:plain

ここのところちょこちょこと写真に撮っているのは、自分が学生の頃に自転車で行けた範囲での町の景色。自然豊かな地域なので、本当はもっと写真映えのする季節ごとのいいところがあるんだけれど、あくまで高校生の頃の自分の記憶を辿りながらその頃普段見ていたものを撮影している。それは自分自身、この町がどうにも好きになれなくて、ここが私の故郷、住み処であると素直に言えない。もちろん、人前で出身地をわざわざ偽るようなことはしていませんが。これはきっと、自分の思春期の、今で言うところの中二病とか高二病とか、その頃の自分があまりに内向的で、世の全てを否定して生きるような、家こそ出るものの心が引きこもりの、ここに住んでいるのにそれを認めないような、ありきたりな時期があって、それが三十路の後半に差し掛かっても未だ克服できていないように思うからです。なんせ、未だ同窓会とか苦手ですから...。その時期の自分の気持ちをもう一度呼び起こし、ちゃんと受け止めないと、どうにも一丁前の大人として成り立たないのでは無いかと思うんです。いい歳して今頃モラトリアムか?と笑われると思いますが、これをしないことには私はずっと根無し草の気分から抜け出すことができないようなのです。実際は住宅ローンまで抱えてがっつり土地に根ざしちゃってるんですけどね...。

 

今日はペンSで撮ったアクロスをD-76で現像。希釈するのを忘れる。iPhoneの露出計は便利だ。写真も撮れて、道中に西部ゼミを聴くこともできる。