俺のカメラ記録

根暗な俺のカメラなどに関する記録です。それ以上でもそれ以下でもありません。

想い出はモノクローム、色を点けてくれ

f:id:ujf17125573:20190801230154j:plain

自分の生まれた町を通り過ぎて出張から戻る。珍しい雲だなと思って慌てて写真を撮ったけれど電柱に重なるとは。明日は仕事。報告や資料の整理、溜まった雑務が諸々...。

研修は良いことと悪いことを比べると、良いことの方が多かったと思う。ほぼまっさらなところから人間関係を作っていくと、自分のことがよく解った気がした。私は利己的で、人を自分の好き嫌いや損得で選ぶ傾向が露骨だ。残念ながら人に好かれるタイプではなかった。自分には真似できない声の大きいお調子者や、スマートな仕草の人には憧れたり妬んだりもした。

ずいぶん電車に慣れる事ができた。駅の不安も少しましになったように思う。気持ちが落ち着いている時なら、他人ばかりに囲まれている方が落ち着くこともわかった。一度は経験してみたいと考えてた満員電車での通勤は想像通り辛いものだったけれど、都会の暮らしは悪く無いなと思えた。単身赴任はアリだなと考えるようになった。最後まで人とご飯が食べれないというのは克服できなかった。

今回の出張の主な戦利品は

結構色々買い物してしまった。ベルギー軍の上着は最後まで悩んだ。バケペンのレンズは予定外だけど本当にラッキーだったと思う。無駄にならないように大事に使おう。

僕らはいつも換気扇の下で言葉を吐いては煙のように吸い込まれ

f:id:ujf17125573:20190801010239j:plain

退居の準備が進んでいる。今日は小モルトケを分解して捨てずに置いてあったダンボールに詰めて送った。荷物扱いになるので普通に陸送してもらうよりずっと安い。帰ったらもう一度組み立てないとダメだけど、そもそもちょっとブレーキの感じ変だったからね。何が困るかというとあと2日だけだけど駅まで歩かないとダメなことで、来た時よりもずっと気温が高くなっているのでまるで硬い砂漠を歩いているよう。コンビニで冷たい水を買って飲んだ。時々水を頭からかける人がいて、あれば外人のマネで格好つけてるんだろうとバカにしてたけれど今ならやってみたいと思う。薄くてすぐ乾きそうな服だし。久しぶりに靴を履くと足が痛い。

LINEは返事を返さないのもそれはそれで苦しいことがわかった。私たちは対等じゃないだから持久戦をすれば負けるに決まってる。どうしてそこに気がつかなかったのか。会うのが少し気まずい。お土産は好みの線を突いてると思う。問題は私からもらって嬉しいかどうかだ。このまま次またどこかに飛ばされないかなぁ。

忘れてしまおう、秘密の痛み、月曜の憂鬱も

f:id:ujf17125573:20190726205800j:plain

昼過ぎに目を覚まし少し遅い昼食を食べ、午後から映画のDVDを返却し銭湯で2時間も風呂に浸かった。一人だったので気分良く歌を歌っていたが、壁を隔てた女風呂に人がいるかどうかわからないことに気付いたのは結構な時間が過ぎてからだった。まぁいい、誰だかわからないのはお互い様だ。コンビニでアイスを食べて、夕方からは仕事の書類をチェック。静かな週末だった。荷造りも少しできた。来週の4日間を切り抜ければ、出張という名の冒険が終わる。またあの戦場に戻るのかと思うとうんざりするけれど、きっとしばらくは新鮮な気持ちでいられるはず。

この2ヶ月で一番再生した曲は松田聖子赤いスイートピー、ついで尾崎豊ダンスホールだった。あくせくする毎日に疲れたんだね。誰かの胸で眠りたいんだよララァ...

幸せは雲のうえに、幸せは空のうえに

f:id:ujf17125573:20190725234337j:plain
夜中何度も目を覚ましては薄暗い天井を眺めてこのままここから動きたくないとかつぶやいていたら、朝は快速が出る12分前。ミニベロは立ち漕ぎに向いていない、というか前輪に体重がかかりすぎてあぶない。どうにか間に合った。むくんだ瞼、寝癖、空腹、尿が黄色かった。

落ち込んだ金曜日の仕事帰りに梅田方面に。足も肩も疲れているのに、ほとんど吸い込まれるように地下通りに。バケペン用の75/4.5と200/4がジャンク価格だったので購入。そしたらさっきまでの死人のような顔はどこへやら、王将で腹一杯ご飯を食べて帰宅。これでレンズは4本、45mmから200mmまで、私の普段の使い方ならこれで十分と言えるシステムが揃ってしまった。今はボディが手元にないので眺めるしかできないけど、タクマーは私に生きる希望を与えてくれる。毎日仕事ファイルにサイクロプスの目のバッジを貼り付けていたから、これは神様か仏様あたりが私に届けてくれた贈り物なんだと思っておく。ありがとう、これで最後まで歩いていける。

昨日の私はどうかしてた、本当にどうかしてた。偽の姿ではないけれどかなりブラックでレアな一面だ。来週末には君と会えるんだよ、いつまでも落ち込んでられない。でもね、ちょっとまっすぐ目を見て話はできないかもしれないよ。もともと目線合わせるの苦手なんだけど。私は早く昇任して他所に転勤したいと思うようになってきた。今のように、誰も知ってる人のいないどこかで違う新しい人間になりたいって思うんだ。見捨てられる前に逃げ出したいんだよ。

oh baby 今夜のキスで一生分のこと、変えてしまいたいよ

f:id:ujf17125573:20190725234326j:plain

検査で引っかかったことはないから、聴力として問題があるわけじゃないんだろうけど、私は騒がしいところで人の話を聞き取るのが人より苦手な気がする。明らかに私だけ聞き取れない。他の人の話が気になって仕方ない。集中できなくてイライラしてしまう。ついでに言うなら職場のパソコンのキーボードは打ち心地が悪い、それになんか汚い。みんなが使いやすいからという理由でどうしてエクセルで書類を作らないとダメなのか。セキュリティのためだと自前のパソコンが使えないハンデを背負わされ、どうしてデータのやりとりがYahoo!メールなのか。隣のグループの笑い声が不快だったり、向かいの女のお菓子の食べ方が汚いこととか、飲み物を右に置けない机の位置だとか、些細なことに腹が立って仕事の効率が落ちるばかり。私には忍耐かやる気が足りない。いつも仕事帰りは憂鬱だ。梅雨が明けて夏の雲が見え始めると夕焼けが美しい。あべのハルカスは下から見上げると案外普通の高層ビルだ。建造物としてはやはり通天閣の方が面白いように思う。私の傘を盗んだ呪われ人はきっとまだこの街にいる。何をしているのかは分からないがいいかよく聞け、それを手放さないうちは何をやってもうまくいかないぞ。

アジアの恵まれない子供達に募金を...という女の人に100円しか入れてあげられなかった。こんな暑いのに立派な人だなと思った。私の今やってる事なんて誰の何の役にも立たない紙の上の話だ。来月には一冊の本になり、ろくに読まれることもないまま全国の偉いさん達の本棚に飾られるものだ。中身はほとんど嘘だ。

君は私がいなくてもいつも以上に楽しそう。私がこれだけ寂しい想いをしているのだから、君も相応であって欲しいと思うのはもはや好意ではない気がしてきた。逆恨みじゃないか。私は私に優しくしてくれる人なら誰でもいいんだよきっと。今は自分が何なのか言い切れないと不安で仕方がない。